スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セアカゴケグモ

CIMG3635_convert_20111215201219.jpg

セアカゴケグモ Latrodectus hasseltii
2010年11月7日愛知県常滑市撮影

ヒメグモ科に分類される有毒の小型のクモの一種。
本来日本国内には生息せず、オーストラリアを原産地とするが、1995年に大阪府で発見されて以降、その他いくつかの地域でも見つかった外来種である。

体長はメスが1cm前後、オスは3~5mm程度。丸くつやつやした黒い体で、胸腹部の背面にはひし形が2つ縦に並んだような赤い模様、腹面には砂時計状の赤い模様がある。

セアカゴケグモの造る網は不規則網で、複雑に張られた三次元構造を持っていて、
比較的地面に近く直射日光が当たらない場所に造られることが多い。

今では全国各地に生息していて、2008年5月には愛知県の木曽三川公園で約600匹と卵が見つかるなど
分布は拡大、個体数は増加している。


現在は特定外来生物の第一次指定をされ、駆除が進められている。



関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- : 2011/12/21 (水) 18:07:10

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

ryofumi

Author:ryofumi
性別・職業
男子大学生

出身地
愛知県

年齢
19才

ryoと申します。
昆虫大好き人間です。(というか生き物が全体的に好き)
めぼしい昆虫はあまり出てこないかもしれませんが、
地道に頑張っていくのでよろしくお願いします!

(当ブログはリンクフリーですがリンクの際は一言お伝え下さるとありがたいです。)
※当ブログの画像の無断転載を禁止します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。