スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春ですね♪

テンプレート変えました!

春になったかはわかりませんがもうすぐ桜も咲いて、
ようやくカミキリムシも動き始める時期になりました。
今年はなかなか採集には行けそうにないですが
ヒラヤマコブは採りに行けるなら採りに行きたいし、スギカミキリやギフチョウも採りたいところです。



勉強、がんばらなきゃ!!
関連記事
スポンサーサイト

タニグチコブヤハズカミキリ

IMGP0548.jpg

タニグチコブヤハズカミキリ Mesechithistatus taniguchii (Seki, 1944)
長野県産

分布は長野県、静岡県、岐阜県、山梨県など本州の中部地方。
ホストはモミ、ツガ、ヒノキ、トチノキ、ナラなど前の三種と違い、針葉樹にもつく。  
体長は12-18mmとこちらも前種に同じく小~中型の種類。


去年、初めて採集しました。
その場所は当日も採集者がいた有名ポイントで
セダカも生息していて、稀にハイブリットも採れるとのことでしたが
残念ながらセダカ、ハイブリットと思われる個体は採集できませんでした。

そこでは「ハリブキ」、「マルバダケブキ」の枯れ葉の丸まったところなどに多くいました。
他にはアザミなどの小さい枯れ葉がたくさんついている草本類にも多くいました。

関連記事

チュウブマヤサンコブヤハズカミキリ

IMGP0545.jpg

チュウブマヤサンコブヤハズカミキリ Mesechthistatus furciferus meridionalis (Hayashi,1951)
長野県産

マヤサンコブヤハズの亜種。
分布は本州の中部地方(長野~新潟など)。
ホストはブナ、コナラ、トチノキ、ハンノキ、ヤナギ類、トネリコ類などと前種に同じく幅広い。
体長は13-23mmとこちらも前種に同じく小~中型の種類。


分布域に超有名な多産地のポイントが存在して、毎年多くのカミキリ屋が訪れる。
自分も行ったが4人で4~50は採れたかと・・・しかし、これでも少ない方で中には
100匹超採る人もいるらしいです。まあ、そんなに採ってもどうかと思いますが・・・


コブヤハズやタニグチ(こっちはあんまりないかな)との分布の接点では雑種(ハイブリット)が生息するようです。
関連記事

プロフィール

ryofumi

Author:ryofumi
性別・職業
男子大学生

出身地
愛知県

年齢
19才

ryoと申します。
昆虫大好き人間です。(というか生き物が全体的に好き)
めぼしい昆虫はあまり出てこないかもしれませんが、
地道に頑張っていくのでよろしくお願いします!

(当ブログはリンクフリーですがリンクの際は一言お伝え下さるとありがたいです。)
※当ブログの画像の無断転載を禁止します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。