スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マヤサンコブヤハズカミキリ

IMGP0546.jpg

マヤサンコブヤハズカミキリ Mesechthistatus furciferus furciferus (Bates,1884)
岐阜県産

ちょっと中心からずれてる・・・・

分布は本州の伊吹・鈴鹿山系と紀伊半島北部で
ホストはブナ、コナラ、トチノキ、ハンノキ、
ヤナギ類、トネリコ類など前種に同じく幅広い。 
体長は13-23mmとこちらも前種に同じく小~中型の種類。ちなみにこの個体は1センチぐらい。



3年ほど前に採った個体で同時に5頭採りました。
しかし半分以上が雄で大きさは5頭すべて1センチぐらいの小型でした。
採集場所が岐阜県南部で分布の北限に当たる場所だと思います。
小型だったのは乾燥などの環境による影響ではないかと思われます。

関連記事
スポンサーサイト

う~ん

なかなか採集に行くことができないまま2月を終わろうとしていますが
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

今回から何回かにわたっては手元に標本のあるコブの仲間でも紹介したいと思います。
IMGP0541.jpg

コブヤハズカミキリ Mesechthistatus binodosus binodosus (Waterhouse,1881)
長野県産

もらいもの標本です。

分布は本州で長野県と関東の北部より北の地方。
ホストはヤマザクラ、ブナ、クリ、ナラ類、カエデ類と
意外と幅広くつきます。
体長は14-23mm 小~中型の種類。

チュウブマヤサンのポイントに近い所でも採れるらしいけど、
名古屋から採りに行くにはちょっと遠いかな~。


手元のコブを全部紹介したら、各種類別、個体別で違いを比べて見ようと思います。




まあ、しばらくはこんな感じの更新になると思いますがよろしくお願いします。
関連記事

クロカタビロオサムシ

P3281475_convert_20120204194625.jpg

クロカタビロオサムシ Calosoma maximowiczi (Morawitz)
名古屋市某所撮影

大きさ 22-31mm
時 期 4-10月
分 布 北海道・本州・四国・九州


黒色で、上翅が四角くがっしりした感じがするオサムシ。

食性はブナアオシャチホコやマイマイガなど周期的に大発生するガの幼虫を主たる餌としており、これらの大発生と減少に伴って激しく増減することが知られるが、獲物のブナアオシャチホコ幼虫を食い尽くした森林から昼間に大挙して飛び立ち、別の森林に群を成して移動することが目撃されている。また人間に開発された農村や都市近郊のような環境に適応する。


オサムシの仲間は後翅が退化していて飛べないものが多いが、本種は立派なはねを持ち、飛ぶことができる。



現在追加個体を探索中・・・

関連記事

プロフィール

ryofumi

Author:ryofumi
性別・職業
男子大学生

出身地
愛知県

年齢
19才

ryoと申します。
昆虫大好き人間です。(というか生き物が全体的に好き)
めぼしい昆虫はあまり出てこないかもしれませんが、
地道に頑張っていくのでよろしくお願いします!

(当ブログはリンクフリーですがリンクの際は一言お伝え下さるとありがたいです。)
※当ブログの画像の無断転載を禁止します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。