スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマトオサムシ?

CIMG4649_convert_20111230205047.jpg

ヤマトオサムシ? Carabus yamato (Nakane, 1953)
2011年7月24日豊田市撮影

体長17~22mmで全体に黒色。体の背面は金銅色に緑色の光沢をおびる。緑色をおびる個体もあある。肢の脛,付節,口ひげ,各節基部はそれぞれ赤褐色。頭部の上面には皺と細かい点刻がある。前胸背板は広く,後方で狭まる。後角は鈍く,突出は弱い。側縁の剛毛は 3 本で側縁部の縁どりは細い。明らかな正中線があり,基部両側ははっきり広く凹むが浅い。上翅はわずかに膨らみ,長卵形。上翅間室の隆条は均一で第 1 次間室より第 3 次間室のほうが凹む。条溝の刻み目は弱い。通常♂の触角は第 5 ~ 7 節下面に無毛部を有し,前脛節の内縁は中央部より先でやや角張る。

分布は本州で亜種がヤマトオサムシ ssp. yamato、ミナミヤマトオサムシ ssp. kinkimontanus、
キタヤマトオサムシ ssp. takanonis、シモイナヤマトオサムシ ssp. shikatai、ミカワヤマトオサムシ ssp. ojikai。

この写真のものがどれかは細かく調べていないので普通にミカワかもわかりませんが、
特徴と分布から考えておそらくミカワヤマトオサムシ ssp. ojikaiだと思います。 
関連記事
スポンサーサイト

ルリカミキリ

CIMG4439_convert_20111221200105.jpg

ルリカミキリ Bacchisa(Bacchisa) fortunei japonica (Gahan,1901)
2011年5月11日自宅庭撮影
分布は本州、隠岐、四国、九州、対馬、種子島など全国に分布。
ホストはトキワサンザシ、カナメモチ、ナシ、カマツカ、ヒメリンゴなどのバラ科の生木。
主に成虫は各ホストの葉を後食し、その裏側に葉脈に沿った食痕を残す。
体長は9~11㎜と小型で前胸、腹部はオレンジ色、上翅は青い光沢の美麗種です。
CIMG4436_convert_20111221195947.jpg

出現時期は5~7月で年によって個体数に偏りがあるそうです。



ちょっと忙しかったので、
なかなか更新できませんでした。
すみません。
関連記事

セアカゴケグモ

CIMG3635_convert_20111215201219.jpg

セアカゴケグモ Latrodectus hasseltii
2010年11月7日愛知県常滑市撮影

ヒメグモ科に分類される有毒の小型のクモの一種。
本来日本国内には生息せず、オーストラリアを原産地とするが、1995年に大阪府で発見されて以降、その他いくつかの地域でも見つかった外来種である。

体長はメスが1cm前後、オスは3~5mm程度。丸くつやつやした黒い体で、胸腹部の背面にはひし形が2つ縦に並んだような赤い模様、腹面には砂時計状の赤い模様がある。

セアカゴケグモの造る網は不規則網で、複雑に張られた三次元構造を持っていて、
比較的地面に近く直射日光が当たらない場所に造られることが多い。

今では全国各地に生息していて、2008年5月には愛知県の木曽三川公園で約600匹と卵が見つかるなど
分布は拡大、個体数は増加している。


現在は特定外来生物の第一次指定をされ、駆除が進められている。



関連記事

クジャクチョウ

クジャクチョウ

クジャクチョウ  Inachis io (Linnaeus, 1758)
2011年10月2日長野県撮影

成虫の前翅長は26-32mm。4枚の翅の表側前縁にそれぞれ大きな目玉模様がある。
この目玉模様は鳥類などの天敵から身を守る効果があると考えられている。

ヨーロッパから中央アジア、中国、朝鮮半島、日本、樺太、シベリアまで、ユーラシア大陸の温帯、亜寒帯域に広く分布する。広い分布域の中でいくつかの亜種に分かれており、このうち日本を含む東アジアに分布するものは亜種 I. i. geisha (Stichel, 1908)とされている。

森林の周辺部や草原に生息する。成虫の出現期は4-9月で、この間に2回発生する。
幼虫はクワ科のホップ、カラハナソウ、イラクサ科のイラクサ、エゾイラクサ、ニレ科のハルニレなどを食草とする。

関連記事

ツマグロヒョウモン

ツマグロヒョウモン

ツマグロヒョウモンの雄 Argyreus hyperbius
2011年11月14日自宅庭撮影

成虫の前翅長は38-45mmほど。翅の模様は雌雄でかなり異なる。
雌は前翅の先端部表面が黒(黒紫)色地で白い帯が横断し、ほぼ全面に黒色の斑点が散る。
ホストは各種スミレ類で、野生のスミレ類のみならず園芸種のパンジーやビオラなども食べる。

ツマグロヒョウモン

アフリカ北東部からインド、インドシナ半島、オーストラリア、中国、朝鮮半島、日本までの熱帯・温帯域に広く分布し、本州では1980年代まで近畿地方以西でしか見られなかったが近年、北関東、東北にまで北上している。
関連記事

| NEXT≫

プロフィール

ryofumi

Author:ryofumi
性別・職業
男子大学生

出身地
愛知県

年齢
19才

ryoと申します。
昆虫大好き人間です。(というか生き物が全体的に好き)
めぼしい昆虫はあまり出てこないかもしれませんが、
地道に頑張っていくのでよろしくお願いします!

(当ブログはリンクフリーですがリンクの際は一言お伝え下さるとありがたいです。)
※当ブログの画像の無断転載を禁止します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。