スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピドニア

7月に御岳に行ったときに採ったピドニアの
同定がぼちぼち終わってきたので報告します・・・

フイリヒメハナカミキリ
フイリヒメハナカミキリ Pidnoia (Pidonia) signata Matsushita,1933

オオバヤシヒメハナカミキリ
オオバヤシヒメハナカミキリ Pidonia (Pidonia) limbaticollis ohbayashii (Matsushita,1933)

マツシタヒメハナカミキリ
マツシタヒメハナカミキリ Pidnia (pidonia) matsushitai Ohbayashi,1958

カクムネハナカミキリ
カクムネヒメハナカミキリ Pidnia (pidonia) orientalis Matsushita,1933

ブービエヒメハナカミキリ
ブービエヒメハナカミキリ Pidnia (pidonia) bouvieri Pic,1901

ウスイロヒメハナカミキリ
ウスイロヒメハナカミキリ Pidonia (Pidonia) pallida Ohbayashi et Hayashi,1960

キベリクロヒメハナカミキリ
キベリクロヒメハナカミキリ Pidonia (Pidonia) discoidalis Pic,1901

ニセフタオビヒメハナカミキリ

ニセフタオビヒメハナカミキリ Pidonia (Omphalodera) testacea (Matsushita, 1933)

まあ、ざっとこんな感じです。おそらくこれであっていると思いますが
もしこれは違うと思いましたら教えてください

あと、写真見にくくてすみません。
標本も足が踊ってますし・・・
関連記事
スポンサーサイト

8/2 長野県御岳 サハリン採るべし!!

↑タイトルをタイヤキさん風に変えて見ました。
ちなみに虫の紹介も同じように変えて見ました。
タイヤキさん、真似させてもらいます。

本当はもっと早くに更新したかったのですが、
カメラを変えて画像の取り込みがてこずったり、学校の行事で忙しく
なかなか更新できませんでした。

この日は去年まで学校の生物部の顧問をやっていた先生と
その先生の師匠とdaiの4人で御岳に採集です。
狙いはサハリン!はたして採れるのか?

御岳に向かう前に途中、パーキングエリアやコンビニに立ち寄り、
ヤママユ

ヤママユAntheraea yamamai yamamai (Guerin-Meneville, 1861)

ヤママユや
オオミズアオ

オオミズアオActias artemis aliena (Butler, 1879)

オオミズアオや
ウスバを少し採集して、最初の目的地
S沢に向かいました。

あ、画像に年月日が入っているのは気にせずに・・・

ついて早速、ノリウツギがありましたが雨上がりで気温が低いので少し散策してから掬うことに。

~散策~

ビロウドカミキリがいたくらいで、特にないもいなかったのでノリウツギを掬います。
カミキリもいくつか飛んでいます。
網の中を見て何が入っているかな~とみていると・・・
イガブチヒゲハナカミキリ

イガブチヒゲハナカミキリ Corymbia igai (Tamanuki,1942)

よっしゃ~~ !
前から採りたいとは思っていましたがまさか採れるとは思いませんでした。
他にはヨツスジ、フタスジなど普通種ばかり。
御岳に向かいながら花や土場を探すことに。

しかし、花や土場があるものの虫が少なく
採集したものはヒゲナガの♀とルリボシぐらいでした。
ヒゲナガカミキリ

ヒゲナガカミキリ Monochamus (Monochamus) grandis Waterhouse, 1881
ルリボシカミキリ

ルリボシカミキリ Rosalia (Rosalia) bateshi Harold, 1877

ちなみにヒゲナガは初採集。
ルリボシは個人的に好きなので、4頭採集。

ちなみに土場はこんな感じ。材が古い土場が多く、
花にはヨツスジ、フタスジ、マルガタが多かった。
マルガタハナカミキリ

マルガタハナカミキリ Judolia cometes (Bates,1884)

御岳の途中今回で一番いい感じのノリウツギがあったので掬うと・・・
フタコブルリハナカミキリ

フタコブルリカミキリ Stenocorus caeruleipennis (Bates, 1873)

よっしゃ~~~!
こちらも採りたかったけど採れなかったカミキリのひとつ。
とてもうれしい。しかしこのときは興奮していて気付きませんでしたが
左触角、前足、中足の節が欠落していたorz
それからはいくら掬っても、先ほどと同じようなカミキリばかりでした。


御岳のサハリンのポイントに到着。
前回とは少し違う場所に先生たちが案内してくれました。今回はそこと前回の場所で粘ることに。
何本かの木を代わる代わるで見ることに・・・

それから先生が「ミドリヒメスギもとれるからよく見ると良いよ」と言っていてので近くの木に目をやると・・・
ミドリヒメスギカミキリ

ミドリヒメスギカミキリ Palaeocallidium kuratai Yokoyama,1972

よっしゃ~~~!
言ってるそばから採れた(笑)
それからも何本かの木でミドリヒメスギは合計4頭採れました。
他にはシラフヒゲナガの♀も採れました。
あと一応、ムナミゾも狙っていましたが当たり前のように採れませんでした。

途中、昼ごはんを食べ3時半ぐらいまで粘りましたが結局、サハリンは採れませんでした。
最後に少し別のポイントを見に行くことに。
ここは2本ほどヤニのすごい木があり、運が良ければ絶対に採れると思うぐらいいいポイントでしたが
サハリンはいませんでした。
カラマツ

御岳を下山して先生が昔オオアオを採ったと言う場所に行きましたが、
材はありましたが少なく、影も形もありませんでした。
しかし、材を見ていると何やら動いています。
手でつかむと・・・
コバネカミキリ

コバネカミキリ Psephactus remiger remiger Harold, 1879

よっしゃ~~~!
オオアオではありませんが初採集です。
もう一頭いました。
夕方に活動するというのでしばらく待っていると、
♀が産卵しに来ました。
この♀は先生に譲りました。
他にはクロタマムシが採れました。
意外とうれしい。
クロタマムシ

クロタマムシ Buprestis (Buprestis) hamorrhoidalis japanensis

他にも土場は寄りましたがなにもいなく、帰りのパーキングエリアでタケトラを採って帰りました。
これも初採集。

サハリンは採れませんでしたが久しぶりに先生と採集に行けてとても楽しかったです。
先生、また一緒に行きましょう!

採集結果 (黄緑=初採集)
コバネカミキリ、フタコブルリハナカミキリ、イガブチヒゲハナカミキリ、タケトラカミキリ、ミドリヒメスギカミキリ、シラフヒゲナガカミキリ、ヒゲナガカミキリ、クロタマムシ、ウスバカミキリ、ミヤマカミキリ、ヨツスジハナカミキリ、フタスジハナカミキリ、ルリボシカミキリ、ウスイロトラカミキリ、アトジロサビカミキリ、その他雑甲虫など・・・
関連記事

リンクの追加

リンクを追加しました。

ロットン虫採り放浪記

岐阜県に住む方でサハリンやナンキセダカなどの珍品を採っていらっしゃる
すごい方のブログです。ぜひ見て下さい!
関連記事

テンプレートを・・・

変えました。
前の記事にも書いてある通り、前のテンプレートのきじの位置がおかしくなってしまいましたので
仕方なく変えました。
あのテンプレート、気に入ってたんだけどな~~
関連記事

なぜか・・・

ちょっと記事の位置がおかしいです。
直し方がわからないのでもし知っている人がいたら教えてください。
関連記事

プロフィール

ryofumi

Author:ryofumi
性別・職業
男子大学生

出身地
愛知県

年齢
19才

ryoと申します。
昆虫大好き人間です。(というか生き物が全体的に好き)
めぼしい昆虫はあまり出てこないかもしれませんが、
地道に頑張っていくのでよろしくお願いします!

(当ブログはリンクフリーですがリンクの際は一言お伝え下さるとありがたいです。)
※当ブログの画像の無断転載を禁止します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。