スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神聖な場所と海の世界(おまけ付き)

今日は、2月28日。
今回は、家族5人で伊勢神宮と鳥羽水族館に行きました。

出発は、朝7時ぐらいで伊勢神宮の外宮に着いたのが9時ぐらいでした。
伊勢神宮1

伊勢神宮は内宮が紀元前4年、外宮は西暦478年からあると言われ
内宮には天照大御神がまつられています。

鳥居をくぐると中に入ると、神聖な感じがしました。木も太く、とても大きかったです。木

外宮の中(鳥居の向こう側)は撮影禁止でしたが、普通の神社とは違いました。外宮

次に外宮の土宮(つちのみや)と神楽殿にお参りをして外宮を出ました。
土宮
神楽殿

内宮までの道には名物の「赤福」やお土産屋さんなどの店がたくさんありました。おかげ道

「百五銀行」が和風になっていたのにびっくりしました。百五銀行

なんか京都にいているな~と思いました。

内宮に着くと外宮よりも予想以上に人が多かったです。伊勢神宮 内宮

橋を渡ってしばらく歩くと、内宮があります。伊勢神宮 内宮2

ここも階段の上は撮影禁止で話によれば、「10万円払うと中を見せてくれる」
らしいです。見たい方はぜひ!(笑)

ちなみに中には4つも門があり、天皇は全部開けれるけど
皇太子は3つまでしか開けれないらしいです。
一般の人は、1つ目の門の前で見て、10万を払っても見れるのは
1つ目の門のすぐ向こうだと思います。
大臣以上の人は、ただで1つ目の門の向こうに入れるそうです。
神楽殿2

帰りに道の途中でお昼ご飯を食べました。
「てこね寿司」を食べたけどとてもおいしかったです。

次に、鳥羽水族館に行きました。
ここに来るのは2~3年前に来た以来でとても楽しみです。

色々な種類がいて説明しきれないので写真だけにしておきます。
海水魚1
イカ
海水魚6
サンゴ
えび
ガー
カブトガニ
サメの歯
ワニ
足が85本のタコ
タカアシガニ

かなり早く見終わってしまいました。
楽しいことはやっぱり、早く終わります。

家に着いたのが4時ぐらいだったのでryo父と相談して
近くの公園に行きました。狙いはハイイロヤハズとベニです。
~中略~
結局、採れずにここまでの結果はアシナガバチとクマバチとミミズだけ。
カクレミノがあるけどタテジマはいない。
アシナガバチ
クマバチ

帰りにさくらの枝を折ってリンゴカミキリの幼虫も探しました。
するとryoが超極小サイズのカミキリ幼虫?をゲット。
続けて、完璧カミキリ幼虫を採集して帰りました。

とても楽しい一日でした。


採集結果
アシナガバチ 1匹 ryo
クマバチ 1匹 ryo
ミミズ 1匹 ryo
カミキリ幼虫 2匹 ryo

追記=3月1日・・・外宮の写真を新たに載せました。
関連記事
スポンサーサイト

なんでこんなところに?

今日は、2月27日。
今回は、今日起きたとある出来事について書きます。

9時ごろにfumiから電話がかかってきて
内容は、「今日遊べる?」でした。
そして、その話が終わってからfumiが
fumi「今日、家の前にヒキガエルがいてさ~。」
ryo「えっ!?」
僕はびっくりして意味がわかりませんでした。

それから、午後にfumiのうちに行くとホントにヒキガエルが。
後から来たdaiも先に来た友達のアイルーもびっくりしていて
モンハンをやった後にどうするか、考えました。
意外とかわいい。
ヒキガエル1

ヒキガエル2

「どうやってここまで来たんだろう?」
「この時期に動きまわることはないと思うけど・・・」
「近くの川に逃がしたら?」
「でもその川では、ヒキガエル見かけないし・・・」
などなど、いろいろ話し合った結果、fumiの家で
みんなで世話をして飼うことにしました。

それでまず最初にすみかづくりをすることに。
すみかは発泡スチロールでそこに石や砂利、落ち葉や草などを入れて
すみかをつくりました。
入れ物

①砂利を水で洗う。砂利

②石を洗う。入れ物2

③落ち葉、草を洗う。
④①、②、③で洗ったものを発泡スチロールの中に入れ
石は組んで穴をつくり、砂利は下に敷いて、落ち葉と草は中に適当に入れる。
以上でで完成。入れ物完全体
入れ物にヒキガエルを入れる瞬間


入れるとすぐに穴に入って行ってよかったと思いました。穴に入る、ヒキガエル

穴に入ったヒキガエルを上から見たところ

エサはまだいらないと思うけど、ミミズを探したり、ダンゴムシを中に入れたり
しています。

カエルは飼うのが難しいので、頑張って4人で飼っていきたいと思います。


追記=2月27日。
これがつくっているところ。(上からfumi、dai、アイルーでアイルーはリア友でもあり
学校の友達でもある。)
上からfumi、dai、アイルー
関連記事

リベンジ!アオマダラ

今日は、2月21日。
今回は、前回のリベンジ編ということで
4人で気合いを入れて、行きました。

着いてすぐ、良さそうな材があるので削ってみると
食痕が縦横無尽に走っている。さらに削ると
蛹室のような場所があり、頑張って探すが見つからない。
出てきたのはクワガタ幼虫だけ。クワガタ幼虫
なので他を当たることに。

今度は崖を掘ってみる。するとfumiがコイチャコガネを掘りだした。
本日、はじめての甲虫です。コイチャコガネ

変わった花?
崖に生えていた変わった花?
それから材を削ったりして、ハネカクシ類、クチキムシ類を出してクチキムシ

アオマダラはあきらめて、食痕のある枝を拾っていました。
途中、木に止まっていたエサキモンキツノカメムシ。エサキモンキツノカメムシ

風景

最終的にはぱっと見、幼虫が入っていそうな枝を手当たり次第に袋に入れていき
かなりの数になりました。春に羽化してくるとうれしいです。
材

それから帰ってきたryo父はゴミムシ類やクロスズメバチなどを
採集していました。



採集結果
カミキリの幼虫がたくさん入っていると思われる材
たくさん ryo

ハネカクシ類 1匹 ryo
コイチャコガネ 1匹(初採集)fumi
クチキムシ類 1匹(初採集)ryo
クロスズメバチ 1匹(初採集)ryo父
小型ゴミムシ類 数匹(初採集)ryo父
ニジゴミムシダマシ 1匹 ryo父
関連記事

東海高校・サタデープログラム

今日は、2月20日。
今回は、以前から予定していた東海高校で行われる
サタデープログラムに行きました。
目的は、自然科学の第3部の「きもい生き物とは何か?」を
「へんないきもの」の著者早川いくを先生が講演をする
ということでいつもの3人組みとryoのお母さんとで
出発!へんないきものとまたまたへんないきもの
オニイソメ

プラナリナ

着くとすでにたくさんの人が待っていました。

講演では早川先生が書いた「へんないきもの」に書いてある生き物が
なぜ、こんな形をしているのか?、どうしてこんな生態なのか?などなど
話してくれました。
話はとても面白くて、メモもたくさんしました。

最後には持ってきた、「へんないきもの」と「またまたへんないきもの」に
サインをしてもらいました。
早川いくを先生のサイン
右下には、プラナリアとウニが書かれている。


とてもうれしかったです。大事に持っていたいと思います。
関連記事

我が家の採集道具

今日は、2月17日。
今回は、我が家の採集道具を紹介したいと思います。

第1回目は、こちら。
捕虫網1

チョウやトンボなどの採集用網です。
あまり長くはないのですがとても軽く、飛んでいる虫を
採集するにはもってこいの代物です。
捕虫網2

これは親戚からもらったものでもらった時は
とてもうれしかったです。
関連記事

| NEXT≫

プロフィール

ryofumi

Author:ryofumi
性別・職業
男子大学生

出身地
愛知県

年齢
19才

ryoと申します。
昆虫大好き人間です。(というか生き物が全体的に好き)
めぼしい昆虫はあまり出てこないかもしれませんが、
地道に頑張っていくのでよろしくお願いします!

(当ブログはリンクフリーですがリンクの際は一言お伝え下さるとありがたいです。)
※当ブログの画像の無断転載を禁止します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。