スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第九回生物部野外活動

今日は、12月19日。
今回は、第九回となった生物部の野外活動です。
目的地は「藤前干潟」です。
前から気になってはいましたがなかなか行く機会がなかったので、
とても楽しみです。

最寄りの駅に9時の集合して出発!

・・・移動・・・

駅の少し離れた場所に、河口がありそこの手前側には藤前干潟
(写真に写っている人は顧問の先生)


カモメやカルガモ、たくさんの鳥
中央には
アオサギ、トウネン、ミサゴなどがいました。
双眼鏡は持っていきましたが、あまり遠くは見えないので、
すぐそばにある「名古屋市野鳥観察館」に行きました。名古屋市野鳥観察館


ここにある望遠鏡を使って、観察します。

ちなみに遠くの鳥は自分のデジカメでは撮れないので、
この望遠鏡を使って写真を撮りましたがブレブレ・・・アオサギ
アオサギ
ミサゴ
ミサゴはトリミングしてこれが限界(悲)

館内も見ていくことに。観察日記

観察日記や剥製などがありました。
野鳥の剥製

剥製・オオワシ

ですが、ミサゴの食事シーンを見れたのはうれしかった。ミサゴ・食事シーン
ボラと思われる魚を食べている。

隣の「稲永ビジターセンター」に移動。稲永ビジターセンター

少し観賞してお昼ごはんに。

・・・食事・・・

恒例の集合写真を撮って、近くの公園に行きました。

・・・みんなで雑談など・・・

そうそう、先生の買ってきた、たこ焼きも食べました。

最後に海?に降りて打ち上げられた漂着物をあさって、
謎の骨を拾ったり鳥の羽を拾ったりして魚の全身骨格を拾いました。
鯛?の骨格
先生によれば、鯛だそうです。
海上哺乳類
写真ではわかりにくいけど、
哺乳類?の背骨です。

少し休憩も交えて、バスに乗りました。

帰りのバスや地下鉄でも楽しく帰りました。



初めての藤前干潟はいい思い出になりました。
これか来年までどこかに行く予定ないから、
標本でも作ろうかな~。
(来年は門と写真の技術を上げれるようにします!)



収穫・・・骨!(笑)
スポンサーサイト

第6回生物部野外活動

今日は、8月10日。
今回は春にギフチョウを採ったあの場所に行くことに。
天気はあまり良くなさそうですが、果たして!?

今回の人数はryoとfumiと友達と先輩の4人です。

朝9時頃出発して、10時頃に着きました。
まず、駅の下の降りる階段を見ていきます。
ここはトンネルのように囲まれていて、
夜の居残り組みを探します。
早速、ノコギリカミキリを見つけました。ノコギリカミキリ

他には名前がわからない蛾がいました。

目的地はお寺です。林道を歩き始めます。

すると、ハグロトンボがたくさん飛んでいました。
2匹ほど採集。

もう少し進むと何かはわかりませんが、花が咲いていたので少し掬うことに花

しかし掬ってもほとんど虫が入らず、めぼしいものは変わったテントウムシぐらい。
他にはなにもいないのかともう一回掬おうとした時、
目の前をカミキリが飛んできたのではたき落とすと、キボシでした。キボシカミキリ

周囲を見てもクワは見当たらないので、どこから来たのか不思議でした。

そうしていったん池の周りで休憩してから、歩いていきます。
これまで見つけたものと言えばナナフシぐらいです。ナナフシモドキ


階段の手前にある池のハス。たくさん咲いていましハスの花
た。

階段を上っていると茶色っぽいチョウが飛んでしたので、
採ってみるとムラサキシジミでした。
先輩は朽木を崩し、オオゴキブリの幼虫が出てきて
大声を出してびっくりしていました。

階段を登り終え、お寺の到着。
キノコムシ

お寺のすぐ横にあるサクラにいたキノコムシ。

建物についていたハチの巣。
ハチの巣

ムラサキシジミを1匹追加して、見晴らしのいい場所に。
昼食をとります。
マメコガネ

マメコガネ。たくさんいた。

昼食をとっていると、スズメバチが飛んできました。
そのスズメバチを目で追っていると
昼食をとっている休憩所の隣の木の穴に、入って行ったではありませんか!
びっくりしてその木を見ていると、穴の右側に樹皮のはがれた場所があり
良く見るとハチの巣が表面に出ていました!!
襲われるのは嫌なので、あまりうろちょろするのをやめて
じっと食べていました。

食べ終わって空を見て見ると、さっきより曇っています。
少し心配ですが虫を探します。
先生によれば、ここら辺ではタマムシが採れるらしいのですが、
曇っているのでとりにくいかな~?

しばらく木の周りなどを探しているとfumiが
タマムシの羽を見つけました。
これはいるなと確信し、改めて探しますがいません。
その間先生と先輩は樹液の出ていたクヌギで、ヨツボシケシキスイを採っていました。ヨツボシケシキスイ

これはfumiがもらいました。
そのほかにはヨツボシオオキスイも見つけたらしいですが、
落ちて、どこかにいってしまいました。

再び、空を見ると名古屋の方で雷が鳴っていたので帰ることに。

途中、クヌギの樹液でコクワメス2匹とスジクワのオス1匹メス3匹見つけましたが、
小さかったので逃がしました。

駅に着いて電車に乗ったころには、雨が降り始めていました。


カミキリ虫の数は少なかったものの楽しい採集でした。


採集結果
ノコギリカミキリ
キボシカミキリ
テントウムシの仲間(初採集
ハグロトンボ
スズメガの仲間(初採集

第5回生物部野外活動+灯火採集

今日は、7月19日。
今回は、生物部の野外活動の第5弾目です。
いざ、名古屋最高峰の山へ。

行き、車の中に竿を忘れてしまうがなんとか出発。

9時半ごろ到着して、駅からの道で
先輩はミカワオサを採集していました。

名古屋最高峰といっても200メートルぐらいなので、
大したことありません。
しかし、階段が多いのでちょっときついです。
登っている途中、なにかが目の前を横切ったので
ネットを振ると、アカハナでした。アカハナカミキリ

fumiはこの後、ヨツスジハナを採っていました。

あっという間に山頂に。
山頂には粗朶などが積まれた場所がありましたが、
粗朶と伐採木
なにもいませんでした。

しかし友達は展望台の近くで、ノコギリカミキリを見つけていました。特大ノコギリカミキリ

このノコギリカミキリはとてもでかく、
4センチ強ぐらいあるギネス級の大きさでした。
景色

展望台からの景色はとてもきれいでした。

しばらく虫を探していると、
コミスジ?が飛んでしたので、
採集しようとネットを振ったらスカッと外し、
逃がしてしまいました。
しかし、数秒たつと今度はカラスアゲハと一緒に戻ってきました。
どっちを採るか迷いましたが、コミスジを採りました。コミスジチョウ

カラスは確かこの後採りました。

それから下山することに。
途中ひらけた場所になり、上を見ると
タマムシが飛んでいます。
急いで竿を伸ばしましたがそれより高くに飛んでいてしまい、
あきらめることに。

そして、また歩き出すとカラスアゲハが飛んでいたのでネットイン。
トンボもスジグロチョウ?スジグロチョウ
もネットイン。そうしているうちに下山完了。

ここからはフ○―ツパ○クを目指します。

歩いている途中、fumiがナガサキアゲハを採りました。

フ○―ツパ○クにつき昼食。
ここではジュースを飲んだり、温室に行って
植物を見たりしました。温室

daiがタマムシが飛んできているのにきずき、見事ネットイン!タマムシ2

でも、この日の前の日に3人でタマムシを採りに行ったので
それほど嬉しくありません。
タマムシ1

前日撮った写真。

他にはハイイロゲンゴロウを採ったぐらいです。ハイイロゲンゴロウ

そうしてこの日は終わりました・・・
と思いきや家に帰ってから、父と二人で街灯めぐりに。
夜道

   ・・・中略・・・

1番の収穫はゴホンダイコクコガネでした。ゴホンダイコクコガネ
初採集です。死骸ですけど・・・ガ
羽アリが顔にまとってくるので、とてもうっとうしいです。

   ・・・25日・・・

今回は別の場所で街灯めぐり。
自動販売機
  
   ・・・中略・・・

前回よりは良かったんですけど、
それでもしょぼい・・・ヘビトンボ

オオゾウムシ

ツシマムナクボカミキリ?

羽アリに加え、カメムシが多くて多くて大変でした。
オオマルクビ、クロ、ツシマムナクボ、キイロゲンセイぐらいでした。

   ・・・8月1日・・・
街灯1


街灯2

全然だめでした。
一応、アオスジカミキリを狙っていましたが時間が少し早かったようです。
ですがここにはスネケブカヒロコバネがいるようなので、来年楽しみです。

これで終わりです。
更新が遅れてしまい申し訳ありません。


採集結果
クロカミキリ
ツシマムナクボカミキリ?
オオマルクビヒラタカミキリ?
ヨツスジハナカミキリ
アカハナカミキリ
ノコギリカミキリ
キンスジコガネ
オオゾウムシ
コフキコガネ(初採集
ゴホンダイコクコガネ(初採集
キイロゲンセイ(初採集
ゴミムシの仲間(初採集
ヘビトンボ(初採集
ガの仲間(初採集)など・・・

生物部第4回野外観察

今日は、6月12日でした。
お久しぶりです。
約3週間ほども、更新を開けてしまいました。
どうもすみません。
その間にも採集には行きましたが、
時間がなくて更新できませんでした。
結果だけ書いておきます。

5月30日。
トゲヒゲトラカミキリ、チャイロヒメハナカミキリ
アカイロニセハムシカミキリ、ナガバヒメハナカミキリ
トホシオサゾウムシ、アシナガオトシブミ、クズチビタマムシなど
トゲヒゲトラカミキリ

アシナガオトシブミ


6月6日。
ホソトラカミキリなど

写真がほとんどありません。
こんな感じです。

それでは本題に。

朝8時に駅に集合。
乗り継ぎ、知多半島の海に。
今回は美術部も一緒なので人数が多いです。
海

最初は、海で魚を採ります。
干潮なので水が少ないです。
最初にアメフラシを見つけました。
刺激を与えると、予想通りに紫の液を出しました。
少し大きめの潮だまりには、魚がいるので
みんなで捕まえようとします。
     ~中略~
大量でした。
ナベカやアゴハゼ、大きめのベラ、ガザミなど
たくさんの水辺の生き物が採れて満足でした。魚

そして写真を撮っている時に友達と手渡しをしたら、
カメラを落としてしまい、岩場に激突!!
あわてて拾ったが、もう遅かった。
カメラは壊れ、使えなくなっていた。
でも仕方がないので、あきらめました。

お昼ごはんを食べてまた、魚を探しに行きました。
しかし、潮が満ちてきてあまり採れませんでした。

それからは、砂浜でヒョウタンゴミムシを探しました。

さっそく海藻をどかすと死骸の、ルイスオオゴミムシ?がいたので採集。
次は、オオキンカメムシ?の死骸があったので採集。
なかなかヒョウタンゴミムシが見つからないので、
焦っているとなんとか見つけだすことが出来ました。
それからは、何匹も見つかり5、6匹採集しました。
そのうち1匹は、fumiにあげました。
最後にウミベアカハネカクシを採集して、帰りました。

とても楽しかったです。


採集結果
ヒョウタンゴミムシ 5、6匹 ryo
ルイスオオゴミムシ 1匹(死骸、初採集)ryo
オオキンカメムシ? 1匹(死骸 初採集
ヒョウタンゴミムシ

ルイスオオゴミムシ

きつ~いF岳登山

今日は、5月3日。
今回は、またまた生物部の野外観察の日です。
その場所は、三重県のF岳です。
この山には、麓までは行ったことがありますが、
登ったことはありません。

出発は、午前7時30分です。
バスに乗り、電車に乗り、1時間30分ほどで着きました。
機関車
(この機関車には乗っていません。)
さっそく登って行きます。

ちなみに目標は、「ゴホンダイコクコガネ」です。

最初は、ゆるい坂ですが
途中から急に、坂の角度がきつくなり、
体力が落ちているので、半年前より
かなり体力を使います。
花1

するといきなり甲虫が飛び出してきて、木にとまりました。
しかし、どこに行ったかはいまいちわからなくなってしまい、
あたりを掬いますが、結局入らないので先に進むことに。

そうしていると、先生がオオセンチコガネを見つけました。
このオオセンチはmasaに、譲りました。オオセンチコガネ

masaは数週間前に、虫が好きになり
虫採りを始めたばかりなので、
合計で虫の種類は今日までで、9種類です。

そうしていると2合目に到着。2合目

ペースは、1合15分ぐらいです。
休憩が終わり、再び歩き始めました。

それから、3、4合と登っていき
4合で休憩しました。
しばらくボーっとしていると、目の前を
甲虫に飛んできたので、手ではたき落としました。
そしたらセンチコガネでした。センチコガネ

これは自分が採集することに。

また登り始めます。
ここの辺りから、足への負担が大きくなっていきます。
なのでみんな、各合で休憩します。
一方、ゴホンダイコクはと言うと、
糞もないし、飛んでも来ないので
採りたくても、採れません。

6合目で、先生と先輩を待っていると
先生が「トラフシジミを採った。」と言っていました。
最近チョウにはまっているので、採りたかったです。

それにしてもかなりの人が登山をしているようで、
「何採っているの?」とか「チョウつかまえるの?」
などの同じような質問がたくさん来るので、
ちょっとめんどくさいです。

そうして、8合目に到着。
今回は、ここまでで、来た道の反対の道から帰ります。
その前に昼ご飯。

ご飯を食べ終わり、少しあたりを散策。
すると地面に、ハネカクシが歩いていたので採集。
もう1種類いたので、そっちも採集。

そして水たまりがあったので何気なくのぞくと、
オタマジャクシのような、黒いものがたくさんいるではないか。サンショウウオの幼生1

それを見ていると、おじさんが「これはサンショウウオの子供」と言っていました。
改めてよく見て見ると、確かにえらのようなものが付いていました。
サンショウウオの幼生2

サンショウウオの卵
真ん中の黒い丸が、卵。

それでmasaはそれを持ち帰りました。
そして下山に向けて出発。

帰りも坂が急で、岩もたくさんあり危ないです。
もともと岩の多い山ですが、その岩が登山道にもあるので危険です。
ですが、カタクリの花が咲いていました。
カタクリの花

フクジュソウ?

そして少しひらけた場所で休憩。
僕とmasaと先生は虫探し、アイルーと先輩は休憩です。

ここでモリヒラタゴミムシ系とムツボシハムシが採れました。

それから歩き続けていると、先生がヒョウモンエダシャク?を見つけたので、
僕がもらうことになりました。
それからは、川の水を飲んだり、朽木からスズメバチスズメバチ
とヒラタムシ系の幼虫を
見つけたりヒラタムシの幼虫
して下山完了。

最後に麓でカエデも掬ったり、枯れ葉のビーディングで
コメツキダマシ?の仲間を採集したりしました。


今日は、虫の種類は少なかったものの、
登山の経験値が上がったと思うので、よかったと思います。



採集結果
キバネニセハムシカミキリ 3匹
センチコガネ 1匹
ムツボシハムシ 1匹初採集
ハムシの仲間 1匹
ヒョウモンエダシャク? 1匹(初採集
コメツキダマシの仲間? 1匹(初採集
ハネカクシの仲間 1匹(初採集
ハネカクシの仲間 1匹(初採集

| NEXT≫

プロフィール

ryofumi

Author:ryofumi
性別・職業
男子大学生

出身地
愛知県

年齢
19才

ryoと申します。
昆虫大好き人間です。(というか生き物が全体的に好き)
めぼしい昆虫はあまり出てこないかもしれませんが、
地道に頑張っていくのでよろしくお願いします!

(当ブログはリンクフリーですがリンクの際は一言お伝え下さるとありがたいです。)
※当ブログの画像の無断転載を禁止します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。