スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自宅の庭にて

どうもみなさんこんにちは!!


こんなに早くの更新になるとは思っていもいませんでしたw






ここ最近は天気が良いので、自宅の庭のバラを観察していると虫の姿が…



チョッキリ2



チョッキリが4,5匹、中には交尾している個体も。


このバラの木には毎年、このぐらいの時期になると
このチョッキリが一定数発生するのですが、
普通種なのでろくに同定もしないで放置していました



なので今回は同定してみることに・・・





・・・結果、クロケシツブチョッキリ
      Auletobius (Pseudomesauletes) uniformis (Roelofs, 1874)
別名バラゾウムシとも呼ばれるバラ愛好家の間では有名なバラ害虫でした。


分布は本州 四国 九州の平地を中心に広く分布していて、
南西諸島と、本土周辺のほぼすべての島から見つかっているようです。


成虫越冬もするそうで、
食樹はバラ科のバラやキイチゴ類、ミソハギ科のサルスベリなどと幅広い。


幼虫は新芽と茎を食べ、成虫は葉を食べる。


雌は食樹の新芽に穴をあけててそこに産卵。
その下の茎を切って枯らすが切り落とすことはあまりないみたい。

我が家のものも、新芽が枯れてはいるが落としてはありませんでした。

幼虫はその枯れた部分を食べて成長し、
土の中で蛹化する。




ざっと調べてみて、自分としてはいなくなって欲しくはないのですが、
このバラを植えたのは母なので、いついなくなってしまうかわかりません・・・


ルリカミキリに続いて、このままの虫に仲間入りするかどうか
今後が楽しみです!



他にも別の種類のバラの木の、切った枝に穴が開いているなと思ったら
そこからハチ?が出入りしていて、何とか撮影しようと試みたんですが
不定期で出入りするのと一匹だけしか確認できていなくて、
しかも、動きが早いことに翻弄されて、撮ることが出来ませんでした・・・(;_;)

ハチ?の巣

これが限界でした・・・(穴の中に少しだけ見えるやつ)
ぜんぜんわかんない・・・


もし、撮影することが出来たらupします!




暖かくなってきて、というかもう暑いぐらいの気温になってきていますが
夏の訪れを感じると、やっぱりわくわくしますw


今年は夏になってもろくに外出できないと思いますが、
もし、何かあったら随時更新していくのでよろしくお願いします!!!




それではまたいつの日か~(^_^)/~
スポンサーサイト

セアカゴケグモ

CIMG3635_convert_20111215201219.jpg

セアカゴケグモ Latrodectus hasseltii
2010年11月7日愛知県常滑市撮影

ヒメグモ科に分類される有毒の小型のクモの一種。
本来日本国内には生息せず、オーストラリアを原産地とするが、1995年に大阪府で発見されて以降、その他いくつかの地域でも見つかった外来種である。

体長はメスが1cm前後、オスは3~5mm程度。丸くつやつやした黒い体で、胸腹部の背面にはひし形が2つ縦に並んだような赤い模様、腹面には砂時計状の赤い模様がある。

セアカゴケグモの造る網は不規則網で、複雑に張られた三次元構造を持っていて、
比較的地面に近く直射日光が当たらない場所に造られることが多い。

今では全国各地に生息していて、2008年5月には愛知県の木曽三川公園で約600匹と卵が見つかるなど
分布は拡大、個体数は増加している。


現在は特定外来生物の第一次指定をされ、駆除が進められている。



クジャクチョウ

クジャクチョウ

クジャクチョウ  Inachis io (Linnaeus, 1758)
2011年10月2日長野県撮影

成虫の前翅長は26-32mm。4枚の翅の表側前縁にそれぞれ大きな目玉模様がある。
この目玉模様は鳥類などの天敵から身を守る効果があると考えられている。

ヨーロッパから中央アジア、中国、朝鮮半島、日本、樺太、シベリアまで、ユーラシア大陸の温帯、亜寒帯域に広く分布する。広い分布域の中でいくつかの亜種に分かれており、このうち日本を含む東アジアに分布するものは亜種 I. i. geisha (Stichel, 1908)とされている。

森林の周辺部や草原に生息する。成虫の出現期は4-9月で、この間に2回発生する。
幼虫はクワ科のホップ、カラハナソウ、イラクサ科のイラクサ、エゾイラクサ、ニレ科のハルニレなどを食草とする。

ツマグロヒョウモン

ツマグロヒョウモン

ツマグロヒョウモンの雄 Argyreus hyperbius
2011年11月14日自宅庭撮影

成虫の前翅長は38-45mmほど。翅の模様は雌雄でかなり異なる。
雌は前翅の先端部表面が黒(黒紫)色地で白い帯が横断し、ほぼ全面に黒色の斑点が散る。
ホストは各種スミレ類で、野生のスミレ類のみならず園芸種のパンジーやビオラなども食べる。

ツマグロヒョウモン

アフリカ北東部からインド、インドシナ半島、オーストラリア、中国、朝鮮半島、日本までの熱帯・温帯域に広く分布し、本州では1980年代まで近畿地方以西でしか見られなかったが近年、北関東、東北にまで北上している。

ご無沙汰です

前回の記事から一ヶ月ほど空いてしまいました。


というのもこの一ヶ月間、「虫」という言葉から離れた感じの暮らしもしていたもので
唯一行ったのは前回の記事にあった、Sさんと一緒にコブ叩きに行ったぐらいでした。
しかも、その時の結果はコブはゼロで成果も少なく
ただの山登りになってしましましたOTZ


今回は10月の29日にもえびさんの案内で愛知県内のとある牧場に行きました。

狙いは「オオフタホシマグソ」と「ツノコガネ」ですがはたして?




午前10時半ごろに現地につき、もえびさん一家と合流しました。

雨が降りそうな空の下、僕ともえびさんは2人で管理人から許可を
もらって牧場に。
僕の母と妹はもえびさん一家と待つことになりました。



最初に3日前に放牧されたという草原に行き、牛糞を探します。

ここでもえびさんから少しレクチャーを受けながら牛糞を崩してみると
たくさんのマグソコガネ(以後タダマグソ)とフケチマグソの中に
オレンジ色の大きめの甲虫が・・・

OOHUTAHOSI

オオフタホシマグソ Aphodius ( Aphodius) elegans elegans Allibert

ええ~~~!!まだ初めて5分も経ってないよ!?
とりあえず目標の一つが採ました。

この糞からは他には

ヨツボシマグソや

YOTUBOSIMAGUSO

ヨツボシマグソ  Aphodius (Bodilus) sordidus (Fabricius, 1775)

ツノコガネのメスもいました!

TUNOKOGANE MESU

ツノコガネ Liatongus phanaeoides (Westwood,1840)

もえびさんによればヨツボシマグソは他だとあまり数は多いとか多くないとか・・・
まあ、僕は採ったことないからよくわからないけど・・・


各自、わかれて探すことに。

      ・
      ・
      ・

1時間ぐらい採集して、オオフタホシ、ツノコガネ(メス)、タダマグソ、
フケチマグソ、ヨツボシマグソ、フトカドエンマ?(クロマルエンマかも?)、
カドマルエンマ、センチぐらいが採れてツノコガネのオス以外は一通り採ることができました。

もえびさんはツノコガネのオスを採ったようです。


それから合流してもう少し古めの糞のある場所に。
      
      ・
      ・

早速、糞を崩してみるとさっきよりも水分が少ない感じで、
あまり糞虫が好きそうな感じではありません。

OOHUTAHOSI

それでもオオフタホシマグソが。
タダマグソ、フケチマグソはたくさんいます。
他にいないか丁寧に探すと・・・

TUNOKOGANE OSU

いた~~~!!
ツノコガネのオスです!このツノがカッコいい!!
なんとか採ることができました。

この後、もえびさんはもう一匹ツノコガネのオスを採って、
それは僕がもらっちゃいました。ありがとうございます!

ここで雨も降ってきたので終了~~。


久しぶりの虫捕りはとても楽しかったです。
狙いのオオフタホシマグソとツノコガネも採れて本当に良かったです。

もえびさん、ありがとうございます!!



採集結果
オオフタホシマグソコガネツノコガネ
マグソコガネヨツボシマグソコガネフケチマグソコガネカドマルエンマコガネフトカドエンマコガネ?、センチコガネ、など

| NEXT≫

プロフィール

ryofumi

Author:ryofumi
性別・職業
男子大学生

出身地
愛知県

年齢
19才

ryoと申します。
昆虫大好き人間です。(というか生き物が全体的に好き)
めぼしい昆虫はあまり出てこないかもしれませんが、
地道に頑張っていくのでよろしくお願いします!

(当ブログはリンクフリーですがリンクの際は一言お伝え下さるとありがたいです。)
※当ブログの画像の無断転載を禁止します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。